実践テクニックをご紹介

3D(3次元)データの活用

設計の段階で既に3D(3次元)CADを用いている場合が多いと思います。

部品メーカー等のホームページでは自社のパーツを3Dで公開しているところも多いです。

そんなデータを活用してテクニカルイラストレーションを描いてみましょう!

SolidWorks の場合

3Dモデルを2Dの線図に書き出す方法を紹介します。 

1,ブラケットを作図します。

2,もちろん各企業からダウンロードした

  3DでもOKです。

3,表示方向を表現したい方向に標準表示方向

   の更新を使って変更します。

4,等角投影方向に表示を変更します。

 

5,ファイルの『部品から図面作成』を選択

6,等角投影のモデルビューを配置。

7,部品点数が多い時はバルーンを部品名ごと

   にふっておくと後で便利です。

8,指定保存でファイル種類をDwg,Dxf,aiなど

   ドローファイルを選択して保存

9,書き出された図形は等測投影図です。

 

AutoCADの場合

FLATSHOT[フラットショット]コマンドを使用して

3Dモデルを2Dの線図に書き出す方法を紹介します。

1,3Dモデルの書出したいビューを

     表示します。

2,コマンド『flatshot』と入力します。

3,ダイアログ ボックスが表示されます。

4,【出力先】でいずれかのオプションを選択

5,【前景の線】および【隠線】の色と線種の

     設定をします。

6,【作成】をクリック

 

※色、線種を分けておくと

 後の作業でクイック選択などを使用し

 指定の画層に移動しやすいです。

 

〈注意〉

・現在のUCSのXY平面に投影されます。

・モデル空間内のすべての3Dオブジェクトがキャプチャされます。

・キャプチャしたくないオブジェクトは、表示オフの画層またはフリーズした

 画層上にしてください。

お問い合わせ

 

株式会社ニテコ図研

TEL  :   06-6303-0277 

FAX  :   06-6303-0278 

niteco@niteco.co.jp    


グループサイト

関連団体

株式会社ニテコ図研のテクニカルイラストレーション技能士が運営しています。